500円で刺身食べ放題★ 芦北「裕成丸」

2010.11.29 Monday

0
    JUGEMテーマ:刺身

     最近忙しすぎて心を開放することを忘れておりました。

    フツフツと溜まるストレス

    こりゃいかん!!

    海に出かけるぞ!!!


    とばかりに芦北に。

    季節外れの海は人が少ない。しばしホケッ〜と海をながめ

    目的は「食!」


    芦北海浜公園のすぐ近く

    海水浴場のまんまえ

    刺身食い放題の
    裕成丸


    なんかいい感じ

    お店に入るとメニューに「刺身食べ放題 500円」と


    うぉ〜〜テンションあがる〜〜〜

    ショーケースの中には4種の刺身と山もりのチリメン

    注文したもののおかみさんは厨房へ

    えっと・・・食べてる人に聞いてみる。

    「これ勝手に取っていいんですか?」

    食べてるお客さんは「そうそう。セルフなのよね」と・・

    そ〜なんだ・・


    小皿にかま揚げのチリメンとお刺身を盛り付ける。

    食べる

    うまぁ!!!プリプリのお刺身!!
    イカはもちもプリプリ

    こんな刺身は市内では食べられない!!
    とにかくうまい!!

    ほどなくすると

    ごはんとみそ汁、漬物(250円なり)が運ばれ


    再度刺身をおかわり!!


    ごはんにぶっかけ食べる

    このしろ(酢でしめてさっと炙ってます)
    がごはんにとっても合います!!


    こちらは太刀魚のどんぶり。

    これもうまい!!


    刺身食べ放題なんて

    くう〜〜うれしくて涙でそう・・・・

    酒くれ〜〜

    と叫びたかったが、車なのでお茶でがまん

    とにかく500円の刺身食べ放題は感激!!!

    刺身好きにはたまらない!!

    こんなに美味しいお刺身が500円で食べたいだけ食べられる

    絶対行くべし!!

    しかしセルフだから注文したらショーケース前で勝手に刺身を皿に盛り食べること!!

    店舗外ではバーベキューブースもありお店の人も忙しそう。

    何の説明もなく、愛想はないですが、そこが商売っけなくて

    とてもいい!!

    ぼくとつな人柄が伝わってきます。



    もう食えない〜〜と思うほど刺身を食し

    出がけに新しいお客さんがゾロゾロ

    みんなお茶の入れ方から注文の仕方までわからないみたい・・

    ウズウズ・・

    大阪のオバちゃんの血は抑えられなかった

    「これ、お茶は自分で入れるんですよ。セルフですよ!!

    お刺身食べ放題を注文したら、勝手にショーケースのところに

    並んでいる皿に盛り付けて自分の席に持っていって食べるんですよ!」

    「あっ!お湯はポットに入ってます!!解除のボタンを押してから

    給湯のボタンを押すとお湯が出ます!!」

    とおせっかいな一言(一言じゃないし)をべらべらしゃべり、自分的にスッキリとして

    お店を後にしました。

    外ではバスが止まり大盛り上がりしているので「なんだ?」と

    覗いてみると、漁船で釣れた鯛をさばき中でした。

    裕成丸さんでは漁船で釣りを楽しみ好きなだけ釣ったら

    魚をさばいて、刺身・バーベキューで楽しむというコースが

    用意されています。

    大勢のお客様がご利用されていましたよ。

    ガソリンを使って高速料金を使って行っても絶対損はない!!

    新鮮なお刺身に大満足。

    この後、芦北温泉でのんびりと過ごし

    帰りは

    101128_153201.jpg
    宮原PAでおやつ<いきなりだんご(黒糖)>をパクリ。

    久しぶりにゆったりと自分に時間を使えて

    リフレッシュ!!

    ストレス解消はやっぱり自然と食!

    楽しい日曜日でした。

    ++++++++++

    住所:熊本県芦北郡芦北町鶴木山1207−2
    TEL:0966・82・2800
    営業:11:00〜15:00
    (14:00オーダーストップ)

    休:水曜日
    +++++++++


    ********
    レイア
    http://reia-fun.com
    *******

    にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

    2014.07.09 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする